CAREER AND EMPLOYMENT

夢をかなえた先輩からのメッセージ

MESSAGE

管理栄養士

原田 歩美さん

地方独立行政法人 佐賀県医療センター好生館 栄養管理部 勤務 [2017年度 健康栄養学科 卒業]

患者さんからも同僚からも頼りにされる存在に。

栄養指導を含めた食事管理が病気の治療に欠かせない。学生時代の病院実習でそのことに気づき、病院の管理栄養士をめざすようになりました。私が勤務する病院は管理栄養士が病棟担当制になっていて、医師や看護師など他職種と連携を図りながら患者さん一人ひとりに合った食事の調整を行っています。

食欲不振の方から「おかげで食べられるようになったよ、ありがとう」と笑顔で言っていただけるのがうれしい瞬間です。治療には体力が必要で、栄養状態が治療に影響することも多いと感じています。一人でも多くの患者さんが治療に専念できるよう、そして食事で笑顔になれるよう日々の栄養管理に努めていきたいです。

健康栄養学科

吉武 珠美さん

佐賀市役所 障がい福祉課 勤務 [2015年度 卒業]

広い視野と培った知識と経験で地域で暮らす人をサポートしたい

市役所の障がい福祉課で相談業務や障がい福祉サービスの支給決定に関する業務を担当しています。不安をたくさん抱えている方と必要なサービスにつなぐことができることにやりがいを感じています。西九州大学でグループワークや演習をとおして実践的なコミュニケーション技術を学べたり、実習で実際の仕事を経験できたりしたことが、相談者との面談の場面で役に立っています。これからも広い視野を持ち、一人ひとりに合わせた、よりよい支援を行っていきたいと思います。

MESSAGE

健康運動指導士

高柿 康平さん

シンコースポーツ九州(株)ダイハツ九州アリーナ 勤務 [2018年度 卒業]

多くの方に健康と笑顔を与え運動の可能性と楽しさを伝えたい。

健康教室やキッズサッカースクールなどで、幅広い年代の方々を対象とするトレーニング指導を担当。「できた!」という子どもの笑顔や、「身体の変化を実感できる」という利用者さんからの感謝の言葉がうれしくて。対象者の年齢や身体の状態に合わせた指導ができたと実感できることがやりがいになっています。学生時代は専門知識を学ぶだけでなく、学んだことを学外で実践する機会にも恵まれました。個々に合わせたプログラム作りやアプローチ方法を身につけられたことが今の仕事の役に立っています。

スポーツ健康福祉学科

MESSAGE

理学療法士

釜﨑 大志郎さん

社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院 リハビリテーション室 勤務 [2017年度 理学療法学専攻 卒業
2020年度 大学院 リハビリテーション学専攻 修了]

この仕事の一番の魅力は、患者さんの「笑顔」と「ありがとう」

学内では学べない臨床に役立つ知識や技術もたくさん教えてもらい、そのすべてが今、役に立っています。身体に麻痺があり、自宅への退院は難しいと言われていた方にリハビリテーションを行い、ご家族とともに笑顔で自宅に帰っていかれた姿は今でも忘れられません。「あなたが担当で良かった」の言葉がとても嬉しかったです。

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

MESSAGE

作業療法士

齊藤 圭祐さん

独立行政法人国立病院機構 嬉野医療センター リハビリテーション科 勤務 [2013年度 作業療法学専攻 卒業]

人生の分岐点に関わるやりがいのある仕事

在学中に5施設で実習を経験。高度急性期における貴重な経験ができた国立病院機構に入職しました。怪我や病気で突然入院生活が始まった患者さんを対象に、身体に点滴や心臓のモニターなどつけられている状態からリハビリテーションを開始。元の生活を送れるようになることを目標に行う中で、機能改善だけでなく、表情や言動の変化を見られることにやりがいを感じています。

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

MESSAGE

小学校教諭

山本 泰雅さん

多久市立東原庠舎 中央校 勤務 [2017年度 卒業]

子どもたちの成長を促す手立てを考え手応えを感じられることがやりがいに

勉強が苦手な子どもがやる気を出し始めた時に、その気持ちを途切れさせないための手立てを打ち、少しずつでも確実に、できることが増えていく様子を実感できることにやりがいを感じています。学生時代はダンスサークルに所属。ダンスが得意な教員は多くないので、特技を学校現場に活かせています。また、どうしたらもっと活動的になるのか、認知してもらえるのかなど、たくさん話し合いながらサークル運営に取り組み、周りを動かす経験ができたことも学習指導や生徒指導に役立っています。

子ども学科

MESSAGE

児童心理司

中村 友海さん

佐賀県 総合福祉センター 勤務 [2017年度 心理カウンセリング学科 卒業]

子どもがより良く生きるため必要な支援を考えたい

児童心理司は家庭や自分自身の特性に問題を抱えた子どもと関わり、その問題の解決をサポートする仕事です。どんな支援が適しているのか考えるうえでは、大学で学んだ知識や先生方の教えが私の指針となっています。また、子どもの生活をより良いものにする視点を養えたフリースクールでのボランティア経験も今の仕事に役立っています。

子どもとの関わり方は難しいですが、自分が担当している子どもの成長を身近で見られることにやりがいを感じています。これからもさまざまなケースを経験することで自分の引き出しを増やし、どんなケースにも対応できるようになりたいと思っています。

心理カウンセリング学科