CAREER AND EMPLOYMENT

夢をかなえた先輩からのメッセージ

MESSAGE

管理栄養士

原田 歩美さん

地方独立行政法人 佐賀県医療センター好生館 栄養管理部 勤務 [2017年度 健康栄養学科 卒業]

患者さんからも同僚からも頼りにされる存在に。

栄養指導を含めた食事管理が病気の治療に欠かせない。学生時代の病院実習でそのことに気づき、病院の管理栄養士をめざすようになりました。私が勤務する病院は管理栄養士が病棟担当制になっていて、医師や看護師など他職種と連携を図りながら患者さん一人ひとりに合った食事の調整を行っています。

食欲不振の方から「おかげで食べられるようになったよ、ありがとう」と笑顔で言っていただけるのがうれしい瞬間です。治療には体力が必要で、栄養状態が治療に影響することも多いと感じています。一人でも多くの患者さんが治療に専念できるよう、そして食事で笑顔になれるよう日々の栄養管理に努めていきたいです。

健康栄養学科

末次 沙彩さん

佐賀市役所 障がい福祉課 勤務 [2017年度 社会福祉学科 卒業]

地域の身近な相談窓口で市民に寄り添う支援を。

障がい福祉に関する相談業務や支援に携わっています。市役所は地域住民にとって身近な相談窓口です。漠然とした不安や困りごとに対し、求められているサービスを提供できたときにやりがいを感じます。

大学ではゼミやあすなろう体験で地域に出向き、さまざまな活動に参加して、地域の特性を知ることができました。ゼミや実習報告、卒業論文など発表の機会が多く、そこで培った人前で話す力がいまの仕事に活かされています。福祉の仕事は幅が広く、人との関わりが大切な仕事です。社会に出て同じ出身校の先輩・後輩と出会い、つながりができるのも、歴史のある西九州大学で学んでよかったと思うことの一つです。

MESSAGE

運動指導員

井手 水紀さん

株式会社健康科学研究所 勤務 [2017年度 スポーツ健康福祉学科 卒業]

運動で得られる効果を多くの人に伝えたい。

今は佐賀市健康運動センターで運動指導員として働いています。年齢や身体の状況に応じた正しい運動のやり方やメニューを提案するほか、プールやスタジオでの集団指導も行います。レッスンなどで人前に立つことが多いので、大学時代に学んだスポーツや健康に関する知識はもちろんのこと、授業で集団指導を経験したことが、この仕事に活かせています。

健康に役立つ知識や経験を自分の言葉で伝えられるように、勉強や情報収集も心がけています。利用者の方に「運動の効果が出た」「楽しい」とレッスン内容を喜んでもらえたり、運動による変化が目に見えて分かったりするとやりがいを感じます。

スポーツ健康福祉学科

MESSAGE

理学療法士

服部 寛士さん

社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院 リハビリテーション室 勤務 [2014年度 理学療法学専攻 卒業
2020年度 大学院 生活支援科学研究科 入学

多くの人の役に立てる理学療法士をめざして

訪問看護ステーションに所属してリハビリテーションを担当。利用者に合わせて福祉用具の調整、運動方法を指導しています。抱えている疾患やご自宅の状況など、さまざまな制限があるなか、選択肢を考えるのは難しいですが、問題を解決できた時にはとてもやりがいを感じます。今後は大学院でリハビリテーション修士の取得をめざし、研究の分野にも挑戦するつもりです。

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

MESSAGE

作業療法士

齊藤 圭祐さん

独立行政法人国立病院機構 嬉野医療センター リハビリテーション科 勤務 [2013年度 作業療法学専攻 卒業]

人生の分岐点に関わるやりがいのある仕事

在学中に5施設で実習を経験。高度急性期における貴重な経験ができた国立病院機構に入職しました。怪我や病気で突然入院生活が始まった患者さんを対象に、身体に点滴や心臓のモニターなどつけられている状態からリハビリテーションを開始。元の生活を送れるようになることを目標に行う中で、機能改善だけでなく、表情や言動の変化を見られることにやりがいを感じています。

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

MESSAGE

小学校教諭

小副川 滉太さん

佐賀市立西川副小学校 勤務 [2013年度 子ども学科 卒業]

子どもとの時間を大切にして、成長を見守りたい

学生時代は東日本大震災のボランティアや県内外で授業研究を見学して協議会に参加したこと、サークルで仲間と活動したことなどが印象に残っています。ゼミの先生に面接指導をしてもらったり、論文の添削をしてもらったりしたおかげで、教員採用試験にも無事合格し、現在は学級担任を務めています。

西九州大学で友人と共に学び、ゼミの先生に考えることの楽しさを教えていただいたことなど、すべての体験が現在に役立っています。1年間をとおして子どもたちと時間を共有する中で新たな一面を発見したり、成長した姿を見たりするのは大きなやりがいです。「行くのが楽しくなる学級づくり」を目標にこれからもがんばります。

子ども学科

MESSAGE

児童心理司

中村 友海さん

佐賀県 総合福祉センター 勤務 [2017年度 心理カウンセリング学科 卒業]

子どもがより良く生きるため必要な支援を考えたい

児童心理司は家庭や自分自身の特性に問題を抱えた子どもと関わり、その問題の解決をサポートする仕事です。どんな支援が適しているのか考えるうえでは、大学で学んだ知識や先生方の教えが私の指針となっています。また、子どもの生活をより良いものにする視点を養えたフリースクールでのボランティア経験も今の仕事に役立っています。

子どもとの関わり方は難しいですが、自分が担当している子どもの成長を身近で見られることにやりがいを感じています。これからもさまざまなケースを経験することで自分の引き出しを増やし、どんなケースにも対応できるようになりたいと思っています。

心理カウンセリング学科