DEPARTMENT

目指す将来に必要な専門性の高い学び

夢を実現させる西九州大学短期大学部は2学科・5コースの専門的な学びの場です。
それぞれの目標に合わせた免許・資格の取得や、
その先の進路など、ここで輝く未来を手に入れましょう。

西九州短大学びのポイント

西九州短大独自の学び

  • あすなろう教育
    豊かな教養と人間性を育み、
    社会に出るための力を養います。
    「あすなろう」とは、学生が自らの可能性を信じ、自分の力で才能を開花させる「自己啓発」の大切さを表現した言葉です。本学では、「あすなろう」の教育理念に基づき、一般教育科目に「あすなろう」の名を冠した3教科を全学必修として開講、初年次教育とキャリア・職業教育に力を注いでいます。
  • 永原学園グループ
    学び、進路選択と資格取得の
    幅を広げています。
    本学では、グループ校である西九州大学の科目を選択的に学ぶことができます。また、卒業後は就職だけでなく、西九州大学への3年次編入や、西九州大学佐賀調理製菓専門学校への進学ができます。この他、在学中にグループ校でのスキルアップ制度も設けていますので、卒業時に必要な資格を効率よく取得することも可能です。(2021年度編入学入学者選抜合格率100%)
  • 地域志向教育
    地域人材の育成を目指しています。
    リカレント(学び直し)教育の需要の高まりを受け、健康福祉・生涯学習センターや健康支援センターとの連携を行い、エルダーカレッジ生の受入れや公開講座など、社会人が学びやすい教育環境の充実を図っています。また、子育て・食育支援やサロン活動を授業に取り入れています。(2021年度社会人卒業生の就職率100%)
  • グローバル人材育成
    教育のグローバル化を
    目指しています。
    アジアの留学生を広く受入れており、活動を通して国際的な感覚を磨くことができます。地域生活支援学科では、ミャンマー、ベトナム、ネパール、スリランカ、タイ、中国などから多くの留学生が学んでおり、授業やキャンパスでの交流がふんだんにあります。(2022年度の留学生在籍者数65人)
  • 学修成果の可視化
    学びを総括する学修到達目標を設けて
    2年間の学びを確かなものに
    していきます。
    学んだ結果、何ができるようになったのかを2年間振り返りながら学修し、自らの成果を確かなものにしていきます。(本学特許として認められています。)
  • 先進的な取組み
    ポスト情報化社会・未来社会に
    向けた人材育成。
    急速に変化している今日の社会は、キャリアモデル不在の社会とも言われており、新しい考え方や創造力が必要不可欠です。

西九州大学短期大学部はSDGs宣言をしました。

西九州大学短期大学部では、建学の精神に基づき、SDGsの「世界を変えるための17の目標達成を目指すこと」、及び「目標とターゲットがすべての国、すべての人々、及びすべての部分で満たされるよう、誰一人取り残さないこと」を新たな教育的視点として取り入れ、SDGsに寄与する人材の育成に取り組みます。

  • オンライン授業の導入
    PCを必携化し、遠隔授業をはじめとする教育のデジタル化を推進しています。
  • 数理・データサイエンス・AI 教育の導入
    今後のデジタル社会において、数理・データサイエンス・AIを日常の生活、仕事等の場で使いこなせるように、全学必修としてデータ思考の基礎を身につけます。(認定校の申請予定)
  • SDGs教育の導入
    効率的で快適なスマート社会の実現に向け、全学必修としてSDGsの基礎を実践的に学びます。
  • 副専攻課程の設置
    副専攻課程(データ社会科学)を設け、STEAM教育・デザイン思考を学ぶことができます。
  • SDGsとデジタル化社会の対応
SDGs