開発商品

産学官連携による機能性食品の開発プロジェクト

プロジェクトの目的

西九州大学では、地域の農業・食産業が抱える課題に学生が主体的に取り組み、学生の企画力および実践力を養うとともに、地域活性化につなげることを目的としています。学生自らがチーフプロデューサーとなり、地域の生産者や企業とチームを組み、ストーリー性のある大学発食品の開発を行っています。

また、健康増進や疾病の予防につながるような科学的根拠のある高付加価値食品としたいため、機能性の研究にも取り組んでいます。

公式キャラクターナガーラ

発売商品

これまでに販売した商品です。画像をクリックしたら販売先がみれます。

平成26年度 開発

  • image-1 エキナセアティー
  • image-1 ジャンボにんにくクッキー
  • image-1 ローズマリーのレアチーズケーキ、パウンドケーキ

平成27年度 開発

  • image-1 アスパラスープ
  • image-1 もち麦クッキー
  • image-1 緑福
  • image-1 天山チーズ

平成28年度 開発プロジェクト

ヒシプロジェクト

ヒシ(菱)の外皮に注目。体内調整の救世主に。

連携自治体 神埼市
開発対象 ヒシ(菱)
開発商品 ヒシ茶、ヒシ麺、ヒシ化粧品
ヒシプロジェクト

ヒシ(菱)とは、池やクリークに自生する水草の一種で、ハンギーと呼ばれるたらいでヒシを採ります。神埼市では、ヒシを使った菱焼酎が作られていますが、我々はその際に残ったヒシの外皮に注目しました。ヒシ外皮には多くのポリフェノールが含まれていることがわかり、論文や特許出願に結びついています。もちろん、神埼市を代表するお菓子、『ひしぼうろ』の開発にも活かされています。今年度は化粧品の商品開発を中心に行い、洗顔石鹸オールインワンジェルの試作品を作りました。今後、モニター試験を実施し、来年度には発売予定です。また、ヒシ茶についても来年度の商品化に向けて取り組んでいます。

  • image-2
  • image-3
  • image-3

アスパラプロジェクト

廃棄部分の”もったいない”が生んだ栄養満点食品。

連携自治体 佐賀県
開発対象 アスパラガス
開発商品 スープ・調味料
アスパラプロジェクト

アスパラガスは出荷される際に、2cmの切下(廃棄部分)がゴミとして捨てられています。しかし、その切下にもアスパラギンルチン食物繊維など機能性成分がふくまれていて、捨てるには実にもったいないものです。そこで、切下部分も有効活用しようと26年度から佐賀県様JAさが様との共同で商品開発を行っています。今年度4月、『SAGA Vege Soup(サガ・ベジスープ)』が商品化されました。佐賀県産のアスパラと九州の野菜をたっぷり使っており、「野菜が多い」「味がおいしい」といったコメントもいただいています。さらに、今年度はアスパラガスのソースもJAさが様と開発を行い、まもなく販売予定です。

  • image-2
  • image-3
  • image-4

五穀プロジェクト

佐賀に伝わる徐福伝説にちなんで五穀を使ったお菓子を開発。

連携自治体 佐賀市
開発対象 五穀(米、麦、粟、黍、豆)
開発商品 フロランタン
もち麦プロジェクト

その昔、徐福さんが五穀を中国から日本に持ち込んだと書かれた書物をヒントに、米、もち麦、粟、黍、豆を選び、佐賀市の徐福長寿館様本村製菓様と共同で商品開発を行いました。チーム名は「徐福プロジェクト」です。徐福長寿館様のお土産として販売したいとの要望を受け、焼き菓子をメインに日持ちするお菓子作りに挑戦しました。関係者を交えた会議や試作を何度も重ね、フロランタンのレシピを開発しました。そのレシピを本村製菓様に改良していただき、『徐福の種』という名前で商品が完成。完成披露として、佐賀城下ひなまつり(H29.3.25)で試供品を無料配布しました。『徐福の種』は来年度4月下旬に販売予定です。

  • image-2
  • image-3
  • image-4

菊芋プロジェクト

特産品の研究で機能性が明らかに。
イヌリンが体を整える。

連携自治体 佐賀市
開発対象 菊芋
開発商品 きくいもご膳
菊芋プロジェクト

菊芋(キクイモ)は、佐賀市三瀬村の特産品です。菊芋には、イヌリンという多糖類が含まれており、血糖値の上昇を抑制するなど様々な機能性が明らかになっています。このプロジェクトは3年目で、今年は「キクピー」チームが引き継ぎ、佐賀市にある森の香 菖蒲ご膳様と一緒にメニュー開発を行いました。キクイモ独特の強い風味に悪戦苦闘しつつ、グラタン、ハンバーグ、しんじょの3つの料理レシピを完成させました。3月4日には菖蒲ご膳様にて完成披露会を実施し、一般の参加者を招いて『きくいもご膳』を振舞いました。

  • image-2
  • image-3
  • image-4

梅プロジェクト

小城特産の梅を使って、幅広い世代に親しまれる商品開発に挑戦。

連携自治体 小城市
開発対象
開発商品 カツサンド・プリン・ピザ
ぶどうプロジェクト

小城市には牛尾梅林があり、江戸時代末期から果樹栽培がおこなわれていましたが、現在は生産してもあまり利益がでないことから、少量しか生産されなくなっています。そこで、この梅を復活させたいという熱い思いから、ふるさと・夢つむぎネットワーク様のプロジェクトが始まり、私たちも何か協力できないかと考え、チーム「が梅女」を結成し、牛尾梅林の梅をつかった商品開発を始めました。梅の酸味が思ったより強く、試行錯誤を繰り返しましたが、GA梅カツサンドイッチ梅プリンを完成させることができました。どちらも、梅の酸味と甘さのバランスが良く、想像以上に美味しい仕上がりです。この2つの商品は、第27回小城市美里牛尾梅まつり(H29.3.4-5)で販売され、完売しました。その後も、梅カツサンドについては、uncle JAM(アンクル ジャム)様というパン屋さんで販売予定です。

  • image-2
  • image-3
  • image-4

栄西茶プロジェクト

日本茶栽培発祥の地からの贈り物。
日本茶の起源は佐賀なんです。

連携自治体 吉野ヶ里町
開発対象 栄西茶
開発商品 クッキー、ブラウニー、パウンドケーキ
栄西茶プロジェクト

現在の日本茶をもたらしたのは、臨済宗の開祖「栄西禅師」とされ、西暦1191年、吉野ヶ里町の霊仙寺付近に日本で初めて蒔いたとされています。日本茶栽培発祥の地を盛り上げようと、栄西茶を用いた商品開発を、チーム「とりぷるtea」が行いました。今年度吉野ヶ里にオープンした洋菓子店patisserie Dandelion(パティスリー ダンデリオン)様と連携し、魅力あるお土産品となるような商品開発を目指して、パウンドケーキクッキーブラウニーの3種類のレシピを完成させました。学内試食会の段階からすでに高評価を得ていましたが、そのレシピをさらに洋菓子店の方でブラッシュアップ。商品は吉野ヶ里夢ロマン軽トラ市(H29.2.5)で販売され、完売しました。今後もpatisserie Dandelion様で販売予定です。

  • image-2
  • image-3
  • image-4

過去の開発完了商品

平成26年度 開発

  • image-1 白いんげんパイ
  • image-1 菊芋クラッカー

平成27年度 開発

  • image-1 ローズゼラニウムパウンドケーキ
  • image-1 ローズゼラニウムクッキー
  • image-1 キクイモかりんとう、キクイモクッキー
  • image-1 ぶどう大福
  • image-1 ぶどうゼリー
  • image-1 天山草クッキー
開発商品
発売商品
開発プロジェクト
過去の開発完了商品
ページの先頭へ