開発商品

産学官連携による機能性食品の開発プロジェクト

プロジェクトの目的

西九州大学では、地域の農業・食産業が抱える課題に学生が主体的に取り組み、学生の企画力および実践力を養うとともに、地域活性化につなげることを目的としています。学生自らがチーフプロデューサーとなり、地域の生産者や企業とチームを組み、ストーリー性のある大学発食品の開発を行っています。

また、健康増進や疾病の予防につながるような科学的根拠のある高付加価値食品としたいため、機能性の研究にも取り組んでいます。

公式キャラクターナガーラ

発売商品

開発完了した商品です。画像をクリックしたら販売先がみれます。

平成27年度 開発

  • image-1 アスパラスープ
  • image-1 もち麦クッキー

平成26年度 開発

  • image-1 エキナセアティー
  • image-1 ジャンボにんにくクッキー
  • image-1 ローズマリーのレアチーズケーキ、パウンドケーキ

開発中プロジェクトについて

ヒシプロジェクト

ヒシ(菱)の外皮に注目。体内調整の救世主に。

連携自治体 神埼市
開発対象 ヒシ(菱)
開発商品 ヒシ茶
ヒシプロジェクト

ヒシ(菱)とは、池やクリークに自生する水草の一種で、ハンギーと呼ばれるたらいでヒシを採ります。
神埼市では、ヒシを使った菱焼酎が作られていますが、我々はその際に残ったヒシの外皮に注目しました。
ヒシ外皮には多くのポリフェノールが含まれていることがわかり、様々な機能性が明らかになってきました。

例えば、ヒシポリフェノールは、糖質分解酵素(アミラーゼ)を阻害して、血糖値上昇を抑制することがマウスを用いた研究でわかり、論文や特許出願に結びついています。
もちろん、神埼市を代表するお菓子、「ひしぼうろ」の開発にも生かされています。
間もなく、ヒシ茶が発売される予定ですので、ご期待ください。

  • image-2
  • image-3

アスパラプロジェクト

廃棄部分の”もったいない”が生んだ栄養満点食品。

連携自治体 佐賀県
開発対象 アスパラガス
開発商品 菓子・調味料
アスパラプロジェクト

アスパラガスは出荷される際に、2cmの切下(廃棄部分)がごみとして捨てられています。
そこで、昨年度から佐賀県、JAさがとの共同にて、アスパラガスの切下を使った商品開発を行っています。
切下にもアスパラギン、ルチン、食物繊維など機能性成分が含まれているので、これを捨てるにはもったいない。
現在、スープの試作中で、来春には商品化する予定です。

  • image-2
  • image-3
  • image-4

もち麦プロジェクト

地場企業との共同開発で地産地消の商品をご家庭に。

連携自治体 佐賀市
開発対象 もち麦
開発商品 大判クッキー
もち麦プロジェクト

もち麦には、β-グルカンという多糖類が多く含まれています。
佐賀県産のもち麦を使って、商品開発に取り組んでいます。
現在、佐賀市の本村製菓株式会社との共同にて、β-グルカンたっぷりのクッキーを作っています。

  • image-2
  • image-3
  • image-4

ハーブプロジェクト

昨年度に引き続きお菓子を開発中。
佐賀市の活性化に一躍を。

連携自治体 佐賀市
開発対象 ハーブ
開発商品 ローズゼラニウムパウンドケーキ、
クッキー
ハーブプロジェクト

佐賀市の徐福長寿館と共同にてハーブを用いた商品開発を行っています。
昨年度は、ローズマリーのレアチーズケーキとパウンドケーキを考案し、佐賀市の古川和洋菓子店のご協力の下、商品化に成功しました。今年は、新たなハーブを用いて商品開発中です。佐賀市の活性化に繋がるようなお菓子の開発を目指しています。

  • image-2
  • image-3
  • image-4

菊芋プロジェクト

特産品の研究で機能性が明らかに。
イヌリンが体を整える。

連携自治体 佐賀市
開発対象 菊芋
開発商品 かりんとう、クッキー
菊芋プロジェクト

菊芋(きくいも)は、佐賀市三瀬村の特産品です。菊芋には、イヌリンという多糖類が含まれており、血糖値の上昇を抑制するなど様々な機能性が明らかになっています。

昨年は「きくもん」チームがキクイモチップスを考案しましたが、今年は「きくりん」チームが引き継ぎ、新たな商品開発を行っています。きくもん畑で菊芋の栽培にもチャレンジし、先日菊芋掘りを行いました。
佐賀大学農学部とも共同研究を行っており、また、菊芋中のイヌリンの分析にも取り組んでいます。

  • image-2
  • image-3
  • image-4

ぶどうプロジェクト

ぶどうのアントシアニンを
楽しく摂取できる商品を開発中。

連携自治体 小城市
開発対象 種なし巨峰
開発商品 ぶどう大福・ぶどうゼリー
ぶどうプロジェクト

小城市のぶどう(種なし巨峰)を使って今年度商品開発を行っています。
実際にぶどうの収穫体験をさせていただきました。現在は、ぶどう大福やぶどうゼリーの試作中です。
ぶどうのアントシアニンをきれいに出すように工夫を重ねています。

  • image-2
  • image-3
  • image-4

栄西茶プロジェクト

日本茶栽培発祥の地からの贈り物。
日本茶の起源は佐賀なんです。

連携自治体 吉野ヶ里町
開発対象 栄西茶
開発商品 大福
栄西茶プロジェクト

現在の日本茶をもたらしたのは、臨済宗の開祖「栄西禅師」とされ、西暦1191年、吉野ヶ里町の霊仙寺付近に日本で初めて蒔いたとされています。日本茶栽培発祥の地を盛り上げようと、「栄西茶」を用いた商品開発を行っています。お茶の商品はたくさんあるので、いかに特徴を出すかで悩んでいます。

  • image-2
  • image-3
  • image-4

天山草プロジェクト

新野菜が食卓を変える。新たな分野への挑戦。

連携自治体 唐津市
開発対象 天山草(アイスプラント)
開発商品 モッツァレラチーズ、クッキー
天山草プロジェクト

天山草とは、「アイスプラント」のことで、乾燥に強く、耐塩性が高い塩生植物の一つです。
表面を被うキラキラの粒(塩分の結晶)とプチプチとはじける不思議な食感が特徴です。
しかし、加工が難しく、苦戦中です。

  • image-2
  • image-3
  • image-4

過去の開発完了商品

平成26年度 開発

  • image-1 白いんげんパイ
  • image-1 菊芋クラッカー
開発商品
発売商品
開発中プロジェクトについて
過去の開発完了商品
ページの先頭へ