TOPICS

スポーツ健康福祉学科

    お知らせ2019.05.01
    アメリカ語学研修
 2018年度 アメリカSUNYアディロンダック短期留学プログラムが3月14日から31日までの17日間で開催されました。 アメリカ・ニューヨーク州立大学SUNYアディロンダック校(ニューヨーク州グレンフォールズ市)は本学の国際交流協定校です。 本学からはスポーツ健康福祉学科3年生の馬郡啓太くんを含む学生8名が交換留学生として派遣されました。 研修では毎日の英語授業、SUNY学生との交流、ホームステイ、ニューヨーク観光に加え、姉妹都市交流として市庁舎を訪問しました。 さらに、病院や幼稚園、周辺大学、教会、美術館などの学外見学も行われました。
 下記に、今回の派遣プログラムに参加した馬郡くんの感想を紹介します。
 
「今回の短期留学の目的は、ネイティブの英語に触れて英語力を上げることでしたが、2週間という短い期間であったために楽しむことも大切にしました。 お世話になったホストファミリーのご夫婦は会話のスピードがとても速く、最初は何を話しているのかあまり理解できませんでしたが、頑張って聞いていたことで英語のリスニング力は上がったと思います。 学校では毎朝、子ども向けの絵本などを教材として、正しい発音と外国人の前でもしっかりと話すことができるようになることを目標とする英語の授業を受けました。 英語があまり得意ではない私でも理解しやすい授業でした。
 今回の短期留学では、英語があまり通じなくてもコミュニケーションは取れることも経験しましたが、やはり英語の重要性と難しさも改めて実感しました。 日本のお米が食べられないことや湯船につかれなかったことは少し辛かったですが、とても楽しい研修になりました。 日本で英語の勉強をしっかりして、また留学に行きたいと思います。」
 

前のページに戻る