EXAMINATION

大学院入試情報

  • 大学院学生募集要項
  • 試験当日受付場所はこちら

入試日程

一般選抜・社会人選抜
試験 専攻名 出願期間
(締切日の消印有効)
試験日 合格
発表日
入学手続
締切日
一般選抜I期
社会人選抜I期
健康栄養学
臨床心理学
リハビリテーション学
子ども学
地域生活支援学(博士前・後)
令和3年
8月26日(木)

令和3年
9月1日(水)
令和3年
9月11日(土)
令和3年
9月17日(金)
令和3年
9月24日(金)
一般選抜II期
社会人
選抜II期
健康栄養学
臨床心理学
リハビリテーション学
子ども学
地域生活支援学(博士前・後)
令和4年
2月16日(水)

令和4年
2月22日(火)
令和4年
3月5日(土)
令和4年
3月11日(金)
令和4年
3月17日(木)
総合型選抜
試験 専攻名 エントリー期間
(締切日必着)
出願期間
(締切日の消印有効)
合格発表日 入学手続
締切日
総合型選抜 健康栄養学
リハビリテーション学
子ども学
地域生活支援学(博士前)
令和3年
11月24日(水)

令和4年
1月6日(木)
令和4年
2月16日(水)

令和4年
2月22日(火)
令和4年
3月11日(金)
令和4年
3月17日(木)

入学手続締切日

  • 一般・社会人選抜I期

    令和3年9月24日(金)

  • 一般・社会人選抜II期

    令和4年3月17日(木)

  • 総合型選抜

    令和4年3月17日(木)

期日までに以下の(1)~(2)の手続きを行うことで、入学手続きは完了します。「手続きの案内」及び「手続きに必要な書類」については、合格通知とともに郵送します。

  • (1)入学金(200,000円)の納入
  • (2)「誓約書」の提出

※期日までに入学手続きを完了しない場合は、手続辞退者となります。

書類ダウンロード

※研究計画書については、PDFファイルの性質により入力に不具合が生じる場合があります。
その際は、Word等で作成し研究計画書の様式に貼付をしてください。

学費等 令和4年度入学生初年度予定

区分 入学手続費 前期(4月) 後期(10月) 年額合計(円)
学費 入学金 200,000     200,000
授業料   305,000 305,000 610,000
委託徴収費 学生教育研究
災害傷害保険料
〈2カ年分〉
※博士後期課程は3ヶ年分
  1,200
※博士後期課程は
1,800円
  1,200
※博士後期課程は
1,800円
同窓会費(終身)   16,000   16,000
合計 200,000 322,200
※博士後期課程は
322,800円
305,000 827,200
※博士後期課程は
827,800円

上記以外の納付金については、PDFよりご確認ください。

  • ※本学卒業(見込み)者及び本学大学院修了(見込み)者、佐賀短期大学(現:西九州大学短期大学部)卒業者及び専攻科修了(見込み)者、西九州大学福祉医療専門学校卒業者については「入学金」を全額免除。
  • ※博士後期課程の学生教育研究災害保険料は、〈3ヵ年分〉として、1,800円を徴収いたします。

入学者選抜方針

本大学大学院の教育理念・目標に則り、地域の人々の生活を支援するために必要な専門分野の学理を深く探求したいと希望する者及び多角的な視点から実践研究を希望する者に門戸を開いている。そのために、各専攻及び課程の特性に応じた適切な方法で入学者選抜を実施し、大学院教育を受けるにふさわしい能力・適性等を多面的・総合的かつ公正に評価し、以下の要件を満たす者を積極的に受け入れる。

健康栄養学専攻
  1. 1栄養学に関する専門職としての高度な実践力を磨きたい者
  2. 2栄養系の資格をもとに実践現場で活躍している者で、現場から醸成された実際的な問題を解決したいと考えている者
  3. 3栄養学について深く学び、研究したいと考える者
臨床心理学専攻
  1. 1人間や社会に強い関心を持ち、心理学に関する学問的基礎知識のある者
  2. 2対人的支援を実践する現場経験又は実習・ボランティア等の経験があり、その経験をふまえて臨床心理学についての高度な専門的知識と理論・技能を習得して、臨床研究活動や実践活動を通して社会に貢献したいと考えている者
  3. 3本専攻において、公認心理師受験資格を得ようとするものは、学部において公認心理師受験資格に必要な25科目を修得しておくこと
リハビリテーション学専攻
  1. 1リハビリテーション系学部・学科等において、専門教育を受け、さらに高度な専門職としての知識・技術を発展・深化させたいと希望する者
  2. 2理学療法士または作業療法士の資格等をもとに各実践現場で活躍し、現場から醸成された実際的な問題の解決に向けた意識をもつ者
  3. 3リハビリテーション学について深く学び、研究したいと考える者
子ども学専攻
  1. 1子ども学系、教育系、保育系の学部・学科において教育学、保育学の専門教育を受け、さらに高度な専門職業人となるために知識・技能を深化させたいと希望する者
  2. 2小学校、幼稚園、保育所、児童福祉施設等で子どもの教育・保育に従事し、さらに高度な専門職業人としての能力を磨きたいと希望する者
  3. 3子育てサポートセンターや学童保育、子育てNPO等で子育て支援事業等に参画し、子育て支援リーダーとしての専門的能力を身に付けたいと希望する者
  4. 4子どもと子どもの教育、子育てに対して強い関心をもち、保育・教育分野における専門的知識と技術の習得のうえに、研究活動や実践活動を通して社会に貢献したいと希望する者
地域生活支援学専攻(博士前期課程)
  1. 1人々が営む生活や、その人々が生活する地域や社会に強い関心を持ち、社会福祉や健康スポーツに関する学問的基礎知識のある者
  2. 2社会福祉についての、高度な専門的知識と理論・技能を修得して、研究活動や実践活動を通して社会に貢献したいと考えている者
地域生活支援学専攻(博士後期課程)
  1. 1人々が営む生活や、その人々が生活する地域や社会に強い関心を持ち、社会福祉や地域社会支援、健康支援などに関する学問的基礎知識のある者
  2. 2社会福祉についての、高度な専門的知識と理論・技能を修得して、研究活動や実践活動を通して地域社会に貢献したいと考えている者

入試に関するお問い合わせ・資料請求

入試に関するお問い合わせ、資料のご請求は、以下の方法によりお気軽にご連絡ください。 ※身体に障がいのある方は、出願前にご相談下さい。