SCHOOL LIFE

在学生メッセージ

MESSAGE

健康栄養学科

吉川 七夏瀬 さん

健康栄養学科4年
食品衛生コース
[長崎県 向陽高等学校 出身]

食の大切さや、食と人との関わりを
学び社会に貢献できる管理栄養士に
なりたい。

さまざまな症例に合わせた献立を作成して、調理して試食する。つくる段階から提供する段階まで、管理栄養士の働く現場を想定しながら学べる授業に魅力を感じています。病気によって食事形態や調理の仕方も変わるので、献立作成を難しく感じることもありますが、実践しながら病気と食事の関係を学べるのは興味深いです。ゼミではSDGsにまつわるボランティア活動に参加。今までと違った視点で食について学ぶことができ、人と食との関係性についてより一層興味をもつようになり、将来への視野も広げられました。食に関する仕事につくために、今は福祉施設や食品企業など幅広い分野や業種を視野に入れて就職活動に取り組んでいます。

TIME TABLE 3年次タイムテーブル

困っている人に寄り添い、
力になれる社会福祉士になりたい。

「人の役に立てる社会福祉士になりたい」と思いこの学科を選びましたが、実は入学するまで、福祉のことをあまりよくわかっていませんでした。だからこそ、今まで触れてこなかったことに目を向けて視野を広げ、授業で新たな知識を得られるのが楽しくて仕方ありません。被災者の方への訪問による足湯の提供など、ボランティアにも積極的に参加しています。この体験から、人の役に立つためには、まず地域の輪の中に入り、同じ視点で同じ活動をしてみることが重要だと知りました。授業や体験をとおして学ぶたびに、もっと知りたい、もっと近づきたいと、意欲が湧いてきます。「困っている人の力になりたい」と思う人はぜひ、社会福祉学科で一緒に学びましょう!

MESSAGE

スポーツ健康福祉学科

西村 健介 さん

スポーツ健康福祉学科4年 [福岡県立柏陵高等学校 出身]

多面的にスポーツを学び
笑顔を与える体育教師になりたい。

「地域スポーツ実践演習」は、さまざまな対象の方に合わせて運動プログラムを作成し、実践する授業です。回を重ねるごとに、目線や声のトーン、姿勢などたくさんの気づきが生まれ、対象者の個性に対応をする力を磨けます。そして何よりも、参加者の笑顔を見ると幸せな気持ちになり、達成感を味わえるんです。保健体育科の教員免許を取得するためにこの学科に入りましたが、実習やボランティアで幅広い年代の人と交流して、指導の楽しさややりがいを感じるようになりました。第一志望は高校の体育教師ですが、子どもへの運動指導や、高齢者の健康支援の仕事にも興味をもち、スポーツトレーナーや健康運動実践指導者などの資格を取得しました。今は教員採用試験や健康運動指導士の資格取得に向けた勉強もすすめています。

TIME TABLE 2年次タイムテーブル

MESSAGE

リハビリテーション学科

中尾 桃子 さん

リハビリテーション学科
作業療法学専攻3年
[長崎県立対馬高等学校 出身]

その人らしさを引き出しながら
支援できる作業療法士になりたい。

作業療法士だけでなく、園芸療法士の資格も取れることからこの学科を選びました。身体や精神の知識と技術を学んだり、臨床実習で患者さんと関わったりする中で、作業療法士は幅広い領域で活躍できる職種であると実感しています。患者さんにもご家族にも寄り添い、一人ひとりに合わせた支援ができる専門職になれるよう頑張ります!

TIME TABLE 3年次タイムテーブル
(作業療法学専攻)

MESSAGE

リハビリテーション学科

𠮷富 裕平 さん

リハビリテーション学科
理学療法学専攻3年
[佐賀県立佐賀東高等学校 出身]

ケガをした子どもの回復を支援できる
理学療法士になりたい。

高1でケガをした時に理学療法士の仕事を知り、この学科を選びました。好きな授業は骨や筋肉の動きや仕組みについて学べる「解剖学」。自分の身体についての理解が深まるし、新しい発見や疑問がどんどん生まれるのが楽しくて。リアルな臨床現場を見る機会もあり、学びへのモチベーションも上がっています。

TIME TABLE 3年次タイムテーブル
(理学療法学専攻)

MESSAGE

子ども学科

杉野 風香 さん

子ども学科3年 [鹿児島県立鹿屋高等学校 出身]

子どもの発達と成長を
サポートできる幼稚園教諭になりたい。

子どもに関わる教育や保育の仕事につくために、保育士・幼稚園教諭、小学校教諭、特別支援学校教諭など、多様な資格を取得できる西九州大学を選びました。2年次の幼稚園実習では、子ども同士や保育者とのやりとり、異年齢児の遊びの違いや発達の違いなどを実際の現場で経験しました。座学だけでは得られなかった知識や技術を学び、自分の成長へとつなげることができました。めざしているのは幼稚園教諭ですが、就学前の子どもを理解したり、障がいのある子どもの教育や支援も学んだりするため、小学校教諭と特別支援学校教諭の免許も取得する予定です。これからも、子どもとの関わりや指導について幅広い分野から学び、子ども理解を深めていくつもりです。

TIME TABLE 3年次タイムテーブル

MESSAGE

心理カウンセリング学科

池上 翼 さん

心理カウンセリング学科4年 [佐賀県立佐賀北高等学校 出身]

教育や医療の現場で支援や治療に携わる
心理学の専門職になりたい。

ロールプレイ形式でカウンセリング技術を練習する「カウンセリング実践演習」や、医療現場や学校における子ども支援の方法をグループで考える「心理演習」など、実践的に学べるのがこの学科の特徴。多くの心理療法や心理検査を体験すると、知識が身につくだけでなく興味関心も深まり、どんどん心理学が楽しくなっていきます。実践の場を求めて、学外でも障がい児ボランティアや放課後等デイサービスでのアルバイトをしています。卒業後は大学院に進み、より高いレベルで心理学を探究し、臨床心理士、公認心理師の資格を取得するつもりです。将来は教育分野か医療分野に進み、他の専門家や専門機関と協力しながら支援や治療に携わる仕事につきたいです。

TIME TABLE 3年次タイムテーブル

MESSAGE

看護学科

安武 向日葵 さん

看護学科3年 [佐賀県立三養基高等学校 出身]

地域で活躍できる
看護職になりたい

初めての実習では体温などのバイタルサインを測ることに精一杯で、患者さんから必要な情報を十分得ることができませんでした。指導者さんや担当の先生から「何のためにどこを見て、どうすればよいのか」を教えていただき、看護師のなすべき仕事を考えられるようになりました。それ以来、患者さんに対する観察力やコミュニケーション能力も身につき、視野が広がったと感じています。養護教諭志望なので、看護師国家資格と教員採用試験の合格をめざして日課の復習は欠かしません。今後は勉強だけでなく、ボランティアなどで人と接する機会も大切にして、悩める児童の相談に対応できるカウンセリング力やコミュニケーション能力も磨いていくつもりです。

TIME TABLE 3年次タイムテーブル