INTERNATIONAL EXCHANGE

未知の異文化にふれ、
自分の可能性を拡げる。 TOUCH AN UNKNOWN CULTURE

現在、世界の7つの国・地域の13の大学と学術交流協定を結んでおり、教員間の学術交流と併せて学生の短期留学などの相互交流を行っています。

また、昨年度から新たに国際交流センターを設立しています。今後はより体系的な組織運営を通じて、協定校との連携を中心とした本学のさらなる国際化をめざします。

西九州大学・西九州大学短期大学部 国際化の目標

  1. 1 国際人材の育成
    佐賀から、日本、アジア、そして世界の生活者の平和と幸福の追求に貢献できる国際感覚豊かな人材を育成する
  2. 2 豊かな国際感覚を有しながら
    地域の課題解決に取り組む人材の育成
    多様性や異文化との共生を志向する深い学識と豊かな人間力を有し、地域の課題解決に取り組む人材を育成する
  3. 3 教育・研究の国際力の向上
    グローバル化が進行する中で、国際社会に適合できる教育・研究活動を推進する

学術交流協定大学との交流活動

さまざまな交流や研究、
講義シンポジウムなどを目的として、
海外の大学と学術交流協定を締結しています。

教職員の交流、学生の交流、学園および学術情報の交流、共同研究、講義シンポジウムなどを目的として、海外の大学と学術交流協定を締結しています。この協定に基づく、1年以内の交換留学は年間3名まで可能であり、入学金や授業料などの学費免除や単位認定に関しての配慮などが取り決められています。平成29年度は、本学から1名の学生がトビタテ!留学JAPAN(地域人材コース)に採択され、オーストラリアのパースにて英語学習と幼児教育機関へのインターンシップを組み合わせた留学に行っています。また、総勢17名の学生(中国・アモイ理工学院3名、中国・安徽三聯学院3名、台湾・義守大学3名、韓国・建国大学3名、タイ・ブラパー大学3名、ベトナム・ハノイ大学2名)が本学に交換留学生として来学しています(平成30年4月時点)。

西九州大学の協定校

短期の国際交流活動

平成29年度は西九州大学・西九州大学短期大学部として春と夏に短期の留学生受入プログラムを実施しました。また、総勢65名が海外の協定校などでの留学または研修に参加し、外国語や異文化についての理解を深めると同時に、現地の学生との交流を通じて双方の友好関係の拡大も図ることができました。平成30年度はアメリカやオーストラリア、韓国、ベトナム、タイといった地域への派遣も予定しています。

平成30年度の派遣予定
アメリカ / オーストラリア / 韓国 / ベトナム / タイ

TOPIC

トビタテ!留学JAPAN
日本代表プログラムに参加!!

本学の学生が、トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム佐賀地域人材コースに採択されました!この事業は、将来、佐賀県のグローバルリーダーとして活躍する人材を育成することを目的として、佐賀県、県内企業、高等教育機関が文部科学省と連携し実施するものです。基本的な留学費用は返還不要の手厚い奨学金から補助を受けられるという留学希望者にとっては夢のような事業です。

大学の制度を利用した留学の経験から、もっと「モンテッソーリ教育」について学びたいと思い、オーストラリアの「Treetops Montessori School」への留学を希望しました。現地で本格的に教育法を学び、将来の夢である教育者としての力にしていきたいです。

子ども学科 4年 善福 光さん 鹿児島県 神村学園高等部 出身