学部・学科

リハビリテーション学部 リハビリテーション学科

思いやりと想像力を持ち、問題解決のために積極的に行動する専門職業人へ。

リハビリテーション学部
リハビリテーション学科で学ぶこと
思いやりと想像力を持ち、問題解決のために積極的に行動する専門職業人へ。

保健と医療、福祉の連携と統合が提言されているわが国において、本学科では他学科と連携をすることで、チームの一員として地域の高齢の方と障がいを持つ方の支援を重視しています。

また、教育研究をとおしてめざすのは、豊かな人間性を持つ理学療法士、作業療法士の育成です。これから本学科で学びを深める皆さんには、人に対するあたたかい気持ちと探究心を胸に、問題意識を持って学ぶ姿勢を大切にしてほしいと思っています。人を愛し、思いやる心と想像力を持ち、笑顔を大切にする人を心からお待ちしています。

リハビリテーション 学科長 小浦 誠吾 教授

学びのポイント

人の理解
生物学的側面や文化的側面など、さまざまな側面から人間をトータルに学び、理解を深め広い視野を育みます。
専門知識と技術
理学療法士・作業療法士としての高度な知識と技術を、身につけていきます。
協業と地域リハビリテーション
他の専門職と協業し、地域のリハビリテーションに貢献できる力を養います。
研究
科学的思考能力を養って、未知の問題に取り組む姿勢を身につけます。本学の大学院に進学し、さらなる研究を続けることも可能です。
『園芸療法士』の資格取得が可能
所定の科目を履修することで「園芸療法士」の資格が在学中に取得できるようになりました。在学中に「園芸療法士」が取得できるのは全国で2校だけ(九州では西九州大学のみ)。就職活動から就職後の臨床まで役立つ資格です。

学科特色

4つの柱を学ぶことで、社会に必要とされる理学療法士、作業療法士が誕生する

本学科では、4つの柱を設けています。「人の理解」では、生物学的な側面から文化的な側面までトータルに理解する広い視野を育みます。「専門知識と技術」では、リハビリ専門技術者としての高度な知識と技術を習得します。「協業と地域リハ」では、他の専門職と協業して地域リハビリテーションに貢献できる力を養います。さらに「研究」では、科学的思考能力を養って、未知の問題に取り組む姿勢を学びます。この4つの柱を学ぶことで、社会に必要とされる理学療法士、作業療法士が誕生するのです。

1年次
リハビリテーション概論や、解剖学・生理学などの専門基礎科目を履修し、「医療」に関する基礎を身につけていきます。
2年次
内科学や整形外科学、精神医学などの基礎医学の他、専攻ごとに評価学や演習などの専門科目を履修し、より知識を深めていきます。
3年次
各専攻ともにほとんどが専門的な授業となり、各種領域における治療学を履修します。また、実際の患者様を担当する臨床実習IIIなどを経験し、経験値を高めます。
4年次
臨床現場での実習がメインとなり、さらに実践力を高めるカリキュラムを採用。臨床現場で活躍できるような治療技術を学びます。

資格試験については、講義や個別指導できめ細やかにバックアップ。また演習や実習、地域連携センターでの体験学習を通して、実践力を重視し、即戦力として活躍できる人材を育成をしています。

理学療法学専攻
理学療法の実証的研究と技術を活かし、疾病や障がいの予防・改善の方法論を確立して人々の健康の保持・向上に貢献する理学療法士を養成。
>>理学療法学専攻詳細
作業療法学専攻
生活支援の観点から「作業」の有用性を探求し、効果的な作業療法アプローチの確立をめざすことのできる作業療法士を養成。
>>作業療法学専攻詳細

リハビリテーション学科からのお知らせ

ページの先頭へ
ページの先頭へ