学部・学科

子ども学部 心理カウンセリング学科
人間の“こころ”を理解し、内面からの支援をめざします。
子ども学部 心理カウンセリング学科で学ぶこと
不思議な人間の“こころ”を理解し、
社会に役立つ人材を育成します。

人間の“こころ”は目に見えないもので深い謎に満ちています。それに加え、現代の子どもと子育てを取り巻く環境にはさまざまな深刻な課題や困難があり、一筋縄ではいかない状況といえるでしょう。だからこそ、現代社会では心理・教育両面からの専門的な取り組みが求められています。

本学科では地域社会のニーズに応えるために心理・教育どちらの視点からもアプローチしながら人間の“こころ”の不思議を広く深く学んでいきます。1・2年次ではまず基礎的知識を、3・4年次では専門的知識を深めるとともに臨床現場や学外での実習を交え、より高度な学びを得ます。子どもたちが直面する問題を身近に感じることで、人の気持ちを感じ取り、“こころに寄り添う対応力”を発揮しながら、地域に貢献できる人材を育てていきます。

心理カウンセリング学科長 西村喜文教授

学びのポイント

学科間相互乗り入れ科目の設置
子ども学科との相互乗り入れ科目を設置することで、子ども支援に関わる他職種への理解を有した人材や学校現場でスクールソーシャルワーカーとの円滑な連携関係が築ける人材の育成につながります。
ボランティアや体験学習の重視
学外での臨床実践体験により、子どもの発達や心理状態への理解を深め、相手の立場に立った支援のあり方を自ら考え、実践する主体的学習態度とモチベーションの醸成を図ります。
少人数制による充実した演習
入学から卒業まで少人数制のゼミと担当教員による指導をとおして、学生による自主的な学習態度の育成と個別的な学習支援の徹底を図ります。
幅広い視野を持つ人材を育成
子どもへの直接支援だけでなく、子どもを取り巻く家族や保育者、学校・教員・地域社会に対する深い理解に基づき、必要に応じて子どもを取り巻く環境に対する間接支援もできる臨床心理的視座に富んだ力を養成します。

学科特色

能動的学修(アクティブラーニング)に重点をおく教育方法を展開

基礎心理学と応用心理学関連科目を修め、臨床心理学の専門科目を系統的に学べるような科目配置をし、加えて障がいのある子どもへの理解と支援の在り方にかかわる専門科目を多彩に配置しています。

さらに少人数のゼミナールによる演習や心理学実践領域実習において、能動的学修(教員と生徒が意思疎通を図りつつ、一緒になって切磋琢磨し、相互に刺激を与えながら知的に成長する場を創り、学生が主体的に問題を発見する機会を見いだしていく学習方法:アクティブ・ラーニング)に重点をおく教育方法を展開します。

1年次
子どものこころを理解するための基礎的理解・基礎的知識を習得します。
2年次
子どものこころの理解に必要な専門的知識と、臨床の実践の場で必要な基礎的技能を習得します。
3年次
心理的援助が必要となる子どもについての専門的知識を深めると同時に、臨床心理学的支援方法について学び、よりこころの理解を深めます。
4年次
4年間の学びの集大成として卒業研究に取り組みます。また、進路や取得希望免許によっては学外実習を行い、自らの学びの現状と課題について理解を深めます。

資格試験については、講義や個別指導できめ細やかにバックアップ。また演習や実習、地域連携センターでの体験学習を通して、実践力を重視し、即戦力として活躍できる人材を育成をしています。

履修モデル

めざす資格や将来の職域に応じて3つの履修モデルを設定しています。

免許・資格取得までのフローチャート

こころに寄り添い、こころを育む
臨床心理的視座に富んだ人材を地域に輩出
本学科では、1年後期に「カウンセリング基礎演習」、2年次に「カウンセリング実践演習Ⅰ」を必修として、3~4年次では「カウンセリング実践演習Ⅱ・Ⅲ」を選択必修として設置しており、こころの理解とその支援についての基礎力から応用力をスムーズに身につけていけるよう、個々に応じた演習形式の指導を行っていきます。

サポート

個別相談

本学科の教員は全員が心理学や教育学の専門家です。学生の希望に応じて丁寧な個別指導を行います。

キャリア・プランニング指導

1年次から4年次までゼミに所属し、学生がキャリア・プランニングを図れるように支援します。

心理学検定受検

心理学検定合格者は大学院入試などで優遇される場合があり、学生に積極的に受験の案内をしています。

対策講座・模擬試験の実施

教員による教員採用試験対策講座を開講。希望者は2年次より受講可能。

取得可能な免許・資格

  • 公認心理師国家試験受験資格
  • 臨床心理士受験資格
  • 認定心理士
  • 高等学校教諭 一種免許状(公民)
  • 特別支援学校教諭一種免許状(知的障害・肢体不自由・病弱)

想定される進路

医療・保健領域

  • 病院(精神神経科、心療内科、小児科など)
  • 精神保健福祉センター
  • 保健所

司法・矯正領域

  • 家庭裁判所
  • 警察・少年補導センター
  • 少年鑑別所、少年院、刑務所

一般企業

  • 人事業務
  • 商品開発
  • 企画業務
  • 広告・宣伝業務
  • マーケティング
  • 市場調査
  • カスタマーサポート

教育領域

  • 特別支援学校
  • 高等学校
  • スクールカウンセラー(※臨床心理士資格が必要)
  • 適応指導教室、教育センター、教育相談機関

福祉・行政領域

  • 児童相談所
  • 子育て支援・児童養護施設
  • 福祉事務所(家庭児童相談室)
  • 児童自立支援施設
  • 心身障害児(者)施設

心理カウンセリング学科からのお知らせ

ページの先頭へ
ページの先頭へ