学部・学科

子ども学部 子ども学科

子どもたちの健やかな成長をサポートし、希望に溢れる未来へと導く幼児・児童教育のエキスパートへ。

子ども学部 子ども学科で学ぶこと
子どもたちの未来を一緒につくる、そんな夢のある仕事が待っています。

現代の子育てをはじめとする子どもに関する環境は、さまざまな問題を抱えています。そんな時代の中で、健やかな子どもの成長は夢と希望が託された尊いもの。本学科は高度化・複雑化する社会のニーズに応えるため、多彩なカリキュラムで保育と教育のエキスパートを育成しています。子どもと遊ぶのが好きな方や、子どものことを深く知りたい方、教師や保育者をはじめとする子どもに関わる職業をめざす方を心から歓迎します。

「3+1の国家資格免許の取得」「子ども体験」「地域実習」が子ども学科の特徴です。卒業生は、地域で実習し、地域の子どもと豊かにふれあい、子ども力を培い、進路志望に応じて資格免許を取得し、特徴を持った子ども専門家として社会で活躍しています。

子ども学科長 髙尾 兼利 教授

学びのポイント

子どもの発育過程をトータルに学べるカリキュラム
教育現場が重要視している幼稚園・保育所と小学校の連携を実現するため、本学科では他学科と連結した独自の教育研究活動を展開。子どもの発達過程をトータルに学んで幅広い視野を身につけ、多様化・高度化する教育現場に対応できる人材を育成します。
可能性が広がる免許・資格取得が可能
「小学校教諭一種免許状」「幼稚園教諭一種免許状」「保育士資格」の3つの免許資格が取得可能です。さらに、「特別支援学校教諭一種免許状」と「小学校教諭一種免許状」の組み合わせ取得も可能です。
資格の組み合わせによる、強みを持つ専門職の養成
・保育園・幼稚園を卒園してからのことを豊かに想像できる「保育士・幼稚園教諭」
・小学生になる前の子どもをよく理解できる「小学校教諭」
・障がいを有する子どもの教育もできる「小学校教諭」
深い学びをサポートする独自の選択科目群
他学科の専門分野「文化・福祉」「心理」「健康・環境」「創作・表現」と「子ども学」のつながりを考え、独自の科目を設定。幅広い教育・保育に関する学びの上に、質の高い思考力と実践力を修得します。
教室での学びを「実学」にしていく地域子ども体験
1年次に「子どもフェスタ」、「地域子ども教室」のボランティア体験、2年次に学園祭での「子どもの世界」、3年次に「子どもミュージアム」「あそびの広場(表現フェスタ)」が展開されます。小学校教育実習はキャンパスのある佐賀市の小学校で学びます。このように、さまざまな地域子ども体験が教室での学びを「実学」にしていきます。実動豊かな専門職を養成します。

学科特色

他者と共存して生きる力を養うことのできる教師や保育者、社会人を育てること

本学ならではのカリキュラムで、多様化、高度化する保育・教育の専門職業人を育成します。また、教員が持つ専門分野の知識・技術を卒後教育や現職教育、公開講座等の機会を設けて地域に還元し、生涯学習の拠点としての機能を担うことも本学部の重要な役割です。

1年次
前期は教養教育科目と外国語を中心に、後期は幼児教育に関する授業を中心に履修します。
2年次
乳児保育や保育内容指導法などの保育学に関する授業を中心に、その他、幼稚園教育実習や保育実習指導がはじまります。
3年次
小学校の教科と指導法に関する科目を中心に履修。さらに保育実習・幼稚園教育実習と、小学校の教育実習事前指導も行われます。
4年次
3年次での子ども学演習と接続する卒業研究がメインとなります。また、前期には保育実習と小学校教育実習が実施されます。

資格試験については、講義や個別指導できめ細やかにバックアップ。また演習や実習、地域連携センターでの体験学習を通して、実践力を重視し、即戦力として活躍できる人材を育成をしています。

取得できる主な免許・資格

免許・資格名 内 容
小学校教諭一種免許状 小学校で全教科にわたる学習指導や生活指導を行います。学習指導要領に沿って勉強を教えるだけでなく、成長期お子どもたちの子の心の問題にも深くかかわる仕事です。
幼稚園教諭一種免許状 3歳から就学前の子どもを対象に、音楽や絵画、運動、遊びなどを指導します。生活指導と同時に、心身の発達といった人間的な成長にも深くかかわる仕事です。
保育士 0歳から就学前の子どもを対象に、遊びや集団生活をとおして健やかな心と身体を育むための支援をします。保護者への子育てに関するアドバイスも重要な仕事の一つです。

※特別支援学校教諭一種免許状も選択によって取得可能。
※「子ども発達支援士(大学コンソーシアム佐賀認定)」の資格についても取得可能。

想定される進路

  • 小学校
  • 児童養護施設
  • 幼稚園
  • 障がい児施設
  • 保育所
  • 児童相談所
  • その他子ども関連の各種企業

子ども学科からのお知らせ

ページの先頭へ
ページの先頭へ