EXAMINATION

入学者選抜方針

地域生活支援学科

地域生活支援学科では、専門的かつ複合的な知識と技術を活用して、多様な生活意識を持った人々への生活支援および地域の活性化にも貢献できる「マルチに学び、マルチに活動する」人材を養成するために、高等学校教育相当の学力、特に学修の土台となる日本語の読解力と記述力を求めます。また、人々との交流をとおして、多様な意見を汲み取りながら主体性を持って協調的に行動する力を有していることを期待します。さらに各コースに挙げる意欲、能力、適性を持った学生を受け入れることを基本方針とします。

食生活支援コース
  1. 1食の大切さや食育の重要性をとおして、人々の健康づくりで生活支援をしたい人。
  2. 2食への知識や技術を磨くことに意欲を持ち、努力を惜しまない人。
  3. 3食べることが好きで、おいしいものを作ることに熱意を持っている人。
  4. 4食をとおして人々と地域の活性化に役立ちたいとの強い意志を持ち、多彩な食の現場で活躍しながら生活者への支援をしたい人。
福祉生活支援コース
  1. 1介護の知識や技術、福祉制度を学修して、人々の快適な生活を支援したいという目的意識のある人。
  2. 2世の中のできごとに常に関心を持ち、社会を良くしたいという目的意識のある人。
  3. 3人が好きで、介護や福祉の仕事に熱意を持って生活支援をしたい人。
  4. 4自分を成長させ、人と地域の活性化に役に立ちたいという意欲のある人。
多文化生活支援コース
  1. 1人々の生活と意識の多様性を柔軟に受け止めながら、生活者に寄り添った人間味のある支援をしたい人。
  2. 2多様な国内外文化とことばに興味を持ち、外国語とコミュニケーション力を駆使して広く人々への生活支援業務に従事したい人。
  3. 3観光や旅行ビジネスに興味を持ち、地域の文化や特性を活かして人々の幸せと生活向上への支援をしたい人。
  4. 4外国の若者と一緒に語らい学修することに興味を持ち、海外留学を目指して国際人として羽ばたきたいとの熱望を持っている人。

 以上のような基本方針に基づき、地域生活支援学科では、栄養士、介護福祉士、プレゼンテーション実務士、食育アドバイザー、スイーツクリエーター、介護予防支援員、(国内)旅程管理主任者、レクリエーション・インストラクター、救急法救急員、福祉レクリエーション・ワーカー、社会福祉主事任用資格などの各専門的免許・資格を取得する為、及び各専門職や生活支援コンシェルジュやフードコンシェルジュやケアコンシェルジュなどの汎用的な生活支援のための職業に就く為の専門科目群を準備している。従って、コミュニケーションに必要とされる幅広い教養と、何事にも主体的に取り組む姿勢及び人間性を身に付けている事、即ち高等学校までの教科及び課外活動などに積極的に取り組んでいる事が期待される。教科の中では、特にコミュニケ―ションの基本となる「国語」、自然界の仕組みを学ぶ「理科(生物・化学)」人間社会の在り方を学ぶ「社会(歴史・公民)」、心と身体の健康づくりなどについて学ぶ「保健体育」などを学修していることが望ましい。

幼児保育学科

幼児保育学科では、将来、保育所、幼稚園、福祉施設において、保育に関する専門知識・技術を基盤として、児童の保育及び保護者に対する保育に関する指導を行うことができる保育者を育成するために、次のような能力、意欲、態度を持った学生を受け入れることを基本方針とします。

  1. 1他者(特に、子ども)との交流に積極的であり、且つ共感することができる人
  2. 2ボランティア活動や職業体験に積極的に参加した経験を有する人
  3. 3自己の多様な体験をふりかえり、それを表明・省察することができる人

 以上のような基本方針に基づき、幼児保育学科では保育士資格、幼稚園教諭二種免許状などが取得できる専門科目群を準備しています。また、単なる知識や技能の修得に終わらないように、学内(附属三光幼稚園・保育園)や学外(各地域での幼稚園、保育所、児童養護施設や障がい児者施設)での豊富な実習も2年間の学びの中に配置しています。加えて、幼児保育学科の特色として、皆さんの多様な関心にこたえうる2つのコース(「表現・音楽コース」と「心理・環境コース」)を設け、自身のもつ得意な分野の力を充分に発揮し、さらなる成長につなげることができるような学修環境も備えています。

 こうした学修に備えるためには、高等学校において基本とされる教科を幅広く勉強し、確かな学力を身につけておくとともに、芸術や体育などで自己を表現する力を有していることを期待します。

 また、ボランティア活動や職業体験などの学内外での活動に積極的に参加することで、豊かな人間性や職務に対する理解、他者と関わることの喜びや意欲などを備えておくことも大切です。

入試に関するお問い合わせ・資料請求

入試に関するお問い合わせ、資料のご請求は、以下の方法によりお気軽にご連絡ください。 ※身体に障がいのある方は、出願前にご相談下さい。