健康栄養学部 健康栄養学科のお知らせ

【健康栄養学科 】横尾研究室 ネパール卒業研究・演習の旅(その1)

2017/05/11

 横尾研究室では卒業研究・演習の集大成として春休みを利用してネパールで実習を行っています。
今年も3月20
日から4月1日までの約2週間、ゼミ生(3年)6名と教員でネパールの保育園と障がい者施設で実習を行いました。

ネパール行きの飛行機に乗り込むゼミ生airplane
 

★セワ・ケンドラ知的障がい者通所施設での実習★

 セワ・ケンドラは、18歳から30歳代の若者が通う知的障がい者施設。途上国であるネパールには知的障がい者の施設は国内でもごくわずか。ここは障がい児施設を卒業した若者の受け皿として保護者と日本の支援者が中心になって運営している施設です。私たちは2日間、ここでカジャ(ネパール語で軽い昼食、スナックの意味)づくりの実習をさせてもらいました。

 今年の実習テーマは「日本の味を一緒に作ろう!」。日頃は利用者さんと調理員さんがカジャを作っていますが、この2日間は私たちと利用者さんで作ります。メニューはジャガイモ入りお好み焼きとチョコレートプリン(1日目)、アメリカンドッグとサクラ蒸しパン(2日目)。いずれも渡航直前まで大学で試作を重ねました。学生全員ネパール語は下手ですが、「混ぜる」、「切る」などの単語と身振り、手振りで楽しく共同作業です

学生の活動の様子は、セワ・ケンドラのサイトで紹介して頂いています。

http://sewakendra.blog.fc2.com/blog-entry-166.html

ジャガイモの皮を一緒に剥きますflower_pink

ひっくり返す作業はワクワクドキドキ!

ホールで一緒にカジャの時間ですnote2

蒸しあがったチョコプリンの列


サクラ蒸しパンもふっくらふくらみました!

日本の味を気に入ってもらえましたflower_red

オランダ人ボランティア学生(同い年!)にも大ウケcat_thanks

最後は全員でダンスの時間を楽しみましたpanda

 

ページの先頭へ
ページの先頭へ