大学院のお知らせ

【地域生活支援学専攻】韓国の嶺南(ヨンナム)大学校大学院及び福祉行政学院と相互交流を行いました

2017/04/17

 大学院地域生活支援学専攻では、教員4名と博士後期課程学生2名が参加し、3月24-26日に韓国慶山市にある嶺南(ヨンナム)大学校大学院地域福祉及び福祉行政学院(Deput.Saemaeul Studies & International Development)とはじめての相互交流の機会をもちました。研究交流では、日韓両大学から各2報告ずつ研究成果が報告され、両国に共通する高齢者をめぐる政策や制度、実践課題をあらためて深めることができました。なお、ヨンナム大学のご厚意により人口250万人を統括する大邱市社会福祉協議会との親睦の機会をはじめ、同市寿城区老人福祉館や地域福祉文化発祥地のセマウル運動記念館の訪問機会を持つことができました。また、研究交流セミナーを含めて本学からのJASSOグループの学生も参加しました。 (写真はヨンナム大学での記念写真、大邱市社会福祉協議会理事会の皆様との記念写真です。)



ページの先頭へ
ページの先頭へ