入試情報

大学 入学者選抜方針(アドミッション・ポリシー)

インターネット出願スタート

本学の教育の理念・目標に則り、各学部の特性に応じた適切な方法で多様な入学者選抜を実施し、大学教育を受けるにふさわし い能力・適性等を多面的・総合的かつ公正に評価し、選抜します。

健康栄養学科の入学者選抜方針(アドミッション・ポリシー)

健康栄養学科では食を通じた健康づくりと疾病の予防や治療に情熱をもって取り組む管理栄養士の育成を目的とし、次のような意欲、能力、適性をもった学生を受け入れることを基本方針とします。

  • (1)食を通じて、世のため、人の役に立ちたいと考えている人
  • (2)人が好きで、相手の立場を思いやることができ、協調性のある人
  • (3)大学教育の修得に必要な基礎学力を備えている人
  • (4)専門職としての責任を自覚し、生涯学習する意欲のある人

以上のような基本方針に基づき、人体の構造と機能の理解をした上で、健康や疾病と食事との関係を知り、その人に必要な料理をおいしく提供したいという思いをもっている学生を受け入れたいと考えています。

本学科への入学を希望する学生は、高等学校において基本とされる教科について高等学校卒業相当の知識を有していること、理科では「化学基礎・生物基礎・化学・生物」のうち1科目以上を履修していることが望ましいです。また、課外活動やボランティアなどに積極的に取り組む姿勢も大切です。

社会福祉学科の入学者選抜方針(アドミッション・ポリシー)

社会福祉学科では、将来、社会福祉施設や医療機関などで活躍する専門職や福祉的人間力を備えて社会の幅広い分野で活躍できる人材の育成を目的とし、次のような能力、意欲、適性をもった学生を受け入れることを基本方針とします。

  • (1)自分を成長させ、人の役に立ちたいという意欲のある人
  • (2)人や地域社会に興味を持っている人
  • (3)世の中の出来事に関心を持っている人
  • (4)社会福祉の仕組みやあり方を学習するために必要となる基礎学力がある人

以上のような基本方針に基づき、本学科では社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、教員などを養成するための専門科目群を準備しています。多様な専門性に開かれている本学科への入学を希望する人は、高等学校におけるさまざまな学習に積極的に取り組んでおくことを望みます。教科の中では特に、心情豊かに伝えあうコミュニケーション力を養う「国語」、現代の社会について主体的に考え、人間としての在り方や生き方について学ぶ「公民」、思考力を伸ばし、日常の生活に必要な知識と技術を習得させる「家庭(福祉領域)」の内容に興味を持って学習していることを期待します。また、保健体育、芸術や課外活動などにも積極的に取り組み、協調性や自主性を培おうとする姿勢も大切です。

スポーツ健康福祉学科の入学者選抜方針(アドミッション・ポリシー)

スポーツ健康福祉学科では、ユニバーサル社会の理解と社会福祉の専門知識を持ち、すべての人に健康運動やスポーツ、レクリエーションを活用して総合的な健康を支援し、豊かな生活の構築に貢献できる人材を養成することを目的として、次のような意欲、能力、適性をもった学生を受け入れることを基本方針とします。

  • (1)スポーツやレクリエーション活動などの身体運動と福祉に興味や関心を持つ人
  • (2)身体運動を通して人々の健康生活を支援することで社会に貢献したいという意欲がある人
  • (3)優しい人間観と健全な社会観をもっている人
  • (4)何ごとにも熱意と主体性をもって取り組もうとする人

以上のような基本方針に基づき、スポーツ健康福祉学科では、健康運動指導士、健康運動実践支持者、障害者スポーツ指導者、レクリエーション・インストラクター、公認スポーツ指導者、社会福祉士等、人々の健康生活を支援するための資格や、中学校および高等学校教諭一種免許(保健体育)を取得するための専門科目群を準備しています。したがって、コミュニケーションに必要とされる幅広い教養と、何ごとにも主体的に取組む姿勢を身に着けていることが期待されます。教科の中では特に、コミュニケーションの基本となる「国語」、人間社会の在り方を学ぶ「公民」、心と身体の健康づくりについて学ぶ「保健体育」、自然界のしくみを学ぶ「理科」などを学習していることが望まれます。

リハビリテーション学科の入学者選抜方針(アドミッション・ポリシー)

リハビリテーション学科では、保健・医療・福祉チームの一員として対象者や地域・社会の多様なニーズに応え、地域の課題解決に向けて活躍できる理学療法士、作業療法士を育成することを目的とし、次のような意欲、能力、適性をもった学生を受け入れることを基本方針とします。

  • (1)理学療法士・作業療法士を目指す動機と意欲がある人
  • (2)大学教育の修得に必要な基礎学力を備えている人
  • (3)相手の立場に立ったコミュニケーションがとれる人
  • (4)物事を順序立てて論理的に考えることができる人

以上のような基本方針に基づき、人の生活と人権を尊重し、他者の立場で考えることのできる豊かな心とコミュニケーション能力をもち、保健・医療・福祉の専門職として、地域の課題に取り組み、地域の方々の豊かな生活実現に向けて貢献しようとする目的意識と情熱を持つ学生を積極的に受け入れたいと考えています。
本学科への入学を希望する者は、高等学校において修得すべき教科を幅広くしっかりと勉強することが必要であり、中でも理科の科目を履修していることが望ましいです。

子ども学科の入学者選抜方針(アドミッション・ポリシー)

子ども学科では、将来、保育所、幼稚園、小学校の教員など、子どもに関わる職業に就く人材を育成することを目標としており、次のような能力、意欲、適性をもった学生の受け入れを基本方針とします。

  • (1)子どもが好きで、将来何らかの形で子どもと接する職業に就きたいと考えている人
  • (2)知的好奇心が旺盛で、大学での学習や教員・保育士の採用試験に必要となる基礎学力がある人
  • (3)教育・保育の仕事を理解し、将来の目標に向かって自らを向上させようと努力する人
  • (4)子どもの教育・保育が将来の日本の発展に寄与することを自覚し、使命感、責任感がある人

以上のような基本方針に基づき、子ども学科では保育士資格、幼稚園教諭一種免許状、小学校教諭一種免許状が取得できる専門科目群を準備しています。また、単なる知識や技能の習得に終わらないよう、必要な保育実習、教育実習を4年間のカリキュラムの中に配置しています。入学後は、理論と体験を共に重視する学習活動を通して、しっかりした保育指導や教科指導ができ、豊かな子ども観や人間観を身につけるための専門的教育をしていきますが、そのためには高等学校において基本とされる教科を幅広く勉強し、確かな学力として習得しておくことが極めて重要です。

心理カウンセリング学科の入学者選抜方針(アドミッション・ポリシー)

心理カウンセリング学科では、地域社会に貢献する心理カウンセラーの資質を持った専門職業人を養成することを目的に、次のような能力、意欲、適性をもった学生を受け入れることを基本方針とします。

  • (1)子どもや彼らを取り巻く人たちへの心の支援にかかわる職業に就きたいと考えている人
  • (2)心理的支援を行うために必要な基礎学力がある人
  • (3)人の心や行動に関心がある人
  • (4)人とのコミュニケーションを深め、自らを向上させようと努力する人

以上のような基本的な考えに基づき、心理職(認定心理士、児童心理司任用資格、大学院へ進学しての臨床心理士受験資格取得)、教育職(高等学校教諭一種免許、特別支援学校教諭一種免許)、福祉職(社会福祉主事任用資格、児童指導員任用資格、児童福祉司任用資格)の専門職業人となるために必要な基礎的、専門的科目群を準備し、子どもをめぐる様々な問題に対応できる高度な資質と応用能力を持ち、さらに実践的で多彩な実習を通して、対人援助技法の習得や子どもや彼らを取り巻く人たちがより良く生きるための支援について実践できる学生を受け入れたいと考えています。

看護学科の入学者選抜方針(アドミッション・ポリシー)

看護学科では、対象となる人々が地域でその人らしく生きることを支える看護専門職を育成することを目的とし、次のような能力、意欲、適性をもった学生を受け入れることを基本方針とする。

  • (1)人間や健康およびそれを取り巻く地域社会に関心をもった思いやりのある人
  • (2)物事を探求する意欲があり、生涯にわたって学び続けたいと思う人
  • (3)将来、看護職として地域社会に貢献したいと考えている人
  • (4)大学教育に対応するために必要な基礎学力を備えている人

入試に関するお問い合わせ・資料請求

入試に関するお問い合わせ、資料のご請求は、以下の方法によりお気軽にご連絡ください。

ページの先頭へ