あすなろうセンターからのお知らせ

あすなろうセンターの役割
西九州大学あすなろうセンターは、専門分野にとらわれないボランティア・地域活動・インターンシップ・グループワークによる課題解決型(PBL)等の体験型学習を通して、学生の将来展望を明確にするとともに、適正な就業へと導きます。
詳しくはこちら

インターシップ情報

インターンシップ実施報告(馬渡島診療所)

2019.08.26

佐賀には唐津市沖に浮かぶ7つの個性的な離島があります。
その1つ、馬渡島は人口341人、仏教徒とカトリック教徒がほぼ半分ずつ住んでいる美しい祈りの島です。
島民の方々との交流を通して、離島の独特の文化や暮らしに親しみながら、学生がこれまでの学外活動や企業協働学習などで身に着けた幅広い職業観や社会人基礎力、そして総合的な社会的知性を応用し、実践する能力を養うことをねらいとしています。

1)期間
2019年8月19日(月)~2019年8月25日(日)

2)実習の場所及び内容
場所:馬渡島診療所(唐津市)
内容:外来診療の補助、福祉施設におけるレクリエーション活動、その他島民の方々との交流

3)協力
佐賀県さが創生推進課






このページの上へ